So-net無料ブログ作成

1966カルテット@審査員!! [1966カルテット]

1966カルテットのカウントダウンコンサートから、もうすぐ2か月。

この間、コンサートもイベントもなく、いちきゅうのメンバーに会えなくて寂しい日々でした[もうやだ~(悲しい顔)]

やっと今日、いちきゅうのメンバーに会えました[わーい(嬉しい顔)] 今日は、コンサートではないのですが、「ビートルズでNICHIBU2016」というイベントに、いちきゅうのメンバーが審査員として登場されるということで、焼津文化会館に行ってきました[わーい(嬉しい顔)]

先週に引き続き今日も、1966号で静岡県焼津市へ[るんるん]

時間にかなり余裕を持って出発したので、途中浜名湖のサービスエリアで休憩[exclamation]

DSC_0207.jpg

今日は天気もよくて、見ているのが気持ちよかった~[るんるん] 食事をしたりてして1時間弱休憩[exclamation]

焼津文化会館に着いたのは、13時過ぎ[るんるん]

DSC_0208.jpg

開場は、15時。15時開演と思い込んでいたので、結局約2時間前に到着して、会場の入口前で待機[exclamation] 今日はコンサートではないので少しゆっくり目で来ようと思う

15時ちょっと過ぎに開場[るんるん]

IMG_2636.JPG

ホールに入るとすぐさま審査員席を探し、真後ろの席を確保[るんるん] でも審査員はいちきゅうのメンバーを合わせて10名[exclamation] いちきゅうのメンバーがどこに座るのか・・・右端か? 左端か? それとも中央か? それに合わせて座る位置を決めなければ・・・迷ったあげく中央の席を選択[exclamation] これが吉とでるか凶とでるか[exclamation]

今日のイベントの楽しみは、審査員をされるいちきゅうのメンバーを見ることとこちら[左斜め下]

IMG_2637.JPG

演奏もしてくれるのでとっても楽しみ[るんるん]

15時30分開演[るんるん]

司会は、WAHAHA本舗の演出家であり社長の喰さん[exclamation] 欽ちゃんの仮装大賞も演出されているので、仮装大賞の流れで進行[exclamation]

ちっちゃい可愛いお子様から歳を重ねられたご婦人紳士までの12組[exclamation] 日舞といいながら、創作ダンスにバレエ、寸劇もあり、見ていて面白かったです[わーい(嬉しい顔)]

そんな中、真剣に審査をするいちきゅうのメンバー[るんるん] 真剣な横顔に真後ろから見ていて、その真剣さがとても伝わってきました[わーい(嬉しい顔)] こんな姿を見る機会は、滅多にないのでとても貴重なお姿でした[黒ハート] かっこいい~[るんるん]

IMG_0100.jpg

後姿もとっても可愛い~[ハートたち(複数ハート)]   問題です[わーい(嬉しい顔)] この後ろ姿は誰でしょう[るんるん][わーい(嬉しい顔)]

12組の発表後、いちきゅうの演奏[るんるん]

2曲だけでしたが、演奏が聴けてとっても幸せでした[黒ハート][わーい(嬉しい顔)] 3月13日のコンサートが本当に待ち遠しい~[るんるん] もっと聴きたいなぁ~[るんるん]

アトラクションの終了後、審査発表[exclamation] 審査発表も仮装大賞と同じ演出[わーい(嬉しい顔)]

各賞が続々発表され、いちきゅうのメンバーも一人一人、プレゼンターとして登場[るんるん] かっこいい~[わーい(嬉しい顔)]

なんと、1966カルテット賞まであり、いちきゅうのメンバーが大活躍でした[わーい(嬉しい顔)]

IMG_0164.jpg

最後に、出演者と審査員とで記念写真[るんるん]

IMG_0166.jpg

普段、見れないいちきゅうの活躍に、演奏も聴けてとても楽しかったです[黒ハート]

やっぱり、こちらのほうがもっと楽しみ[るんるん]

  IMG_2638.JPG

来月の3月13日(日) いちきゅうの演奏を聴きに行きましょう[るんるん]


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

川崎妃奈子@竹風堂大門ホール [妃奈子さん]

今日は、川崎妃奈子さんの演奏を聴きに再び長野へ[わーい(嬉しい顔)]
DSC_0202.JPG
コンサートは、9回行われた「プロコフィエフ・ピアノ・チグルス」の番外編ということで、
フルートのソナタとヴァイオリンのソナタを聴き比べるというちょっとお勉強も兼ねてのコンサート[るんるん]

会場は、善光寺の前にある竹風堂の3階にある大門ホール[るんるん]
2014年の10月に妃奈子さんのコンサートを聴きに来て以来なので、1年半ぶりになります[exclamation]

9時発の特急「しなの」で長野へ[るんるん]
長野へは11時59分に着くので、ほぼ3時間の旅です[わーい(嬉しい顔)]
DSC_0205.JPG

車内では、昨日の疲れでほぼ熟睡状態[exclamation]
松本を出て篠ノ井に向かっている途中の、姨捨駅近くの千曲川と千枚田の景色の車内案内で目が覚める始末[ふらふら]


長野駅に着き、真っ先に駅にある観光センターに行って路線バスのフリーチケットをゲット[るんるん]
長野駅と善光寺大門までの往復でバス代は300円なのですが、信濃路フリーきっぷに付いている特典なので、使ってみました[わーい(嬉しい顔)]

DSC_0206.JPG

1月に信濃大町に行った時もこのきっぷにお世話になりましたが、これで長野往復だけを買うより、フリーきっぷにしたほうが安いので、かなり重宝しました[exclamation]
でも今年の3月29日出発分までの取扱なので、なくなるとちょっとショックです[ふらふら]

開場時間まで約1時間30分あるので、まずは昼食[るんるん]
会場の向かい側にあるお蕎麦屋さんへ[るんるん] 何組か待っている方で入口前はいっぱいでしたが、お一人様の私は待つことなく、カウンターの席に案内され、美味しいお蕎麦と天ぷらをいただきました[わーい(嬉しい顔)]
DSC_0200.JPG
昼食後、いつもなら会場の入口前で待つのですが、エレベーターを降りると会場内に入ってしまう形になるので、開場時間ギリギリまで開かないので2階にある喫茶コーナーでちょっと休憩[るんるん]

DSC_0201.JPG

美味しい工場自家製のチェリーキッスのアイスクリームと美味しいコーヒーをいただきました[わーい(嬉しい顔)]

13時30分開場[るんるん]

IMG_2634.JPG
1番乗りで、妃奈子さんの演奏がよ〜く見える席をゲット[るんるん]

DSC_0203.JPG

14時開演[るんるん]

ヴァイオリン:川崎妃名子[ぴかぴか(新しい)]
フルート:羽生田聖子[ぴかぴか(新しい)]
ピアノ:青木かおり[ぴかぴか(新しい)]
レクチャー:加藤 晃

今日のプログラムは、
IMG_2635.JPG
加藤様の説明のあと、妃奈子が花びらをあしらった黒色のドレスで登場[ハートたち(複数ハート)]
1月の振袖での演奏も素敵でしたが、今日はまた一段と素敵なドレスに目を奪われました[黒ハート]
妃奈子さんの無伴奏ヴァイオリンソナタ、とっても素敵な音色に癒され[るんるん] 格好良さに目が釘づけ[exclamation×2]
とても素敵な演奏でした[黒ハート]

演奏後、再び加藤様のレクチャーでいよいよ本題のフルートのソナタとヴァイオリンのソナタの聴き比べ[るんるん]
加藤様の説明の分かりやすい説明のあと、羽生田聖子さんのフルートソナタを聴かせていただき、演奏後に加藤様に分かりやすい解説をしていただき、休憩を挟んで妃奈子さんのヴァイオリンソナタを聴かせていただきました[るんるん]

フルートの単の音色の美しさ[黒ハート]とヴァイオリンの重の音色の美しさ[ハートたち(複数ハート)]
単音でシンプルな「静」の静寂なフルートの音色[るんるん]
重音でアグレッシブな「動」の激しいヴァイオリンの音色[るんるん]

同じ曲とは思えない2つの顔を持つ曲でした[exclamation×2]

甲乙つけがたいどちらもとても素晴らしい演奏[るんるん]

解説にもあったのですが、フルートは25分もの長い曲を演奏することがほとんどないとのことで、体力的にも大変だったこと、ピアノはフルートのソナタの時は、音を抑えて抑えての我慢の演奏になるので大変と、演奏者の感想にもしみじみとその大変さが伝わってきました[exclamation]

アンコールで、ヴァイオリンとフルートとピアノでのとっても素敵な演奏を聴かせていただきました[るんるん]


2時間を超えるコンサートでしたが、なかなか聴けない内容のコンサートだったので、本当に楽しいコンサートでした[わーい(嬉しい顔)]

終演後、妃奈子さんとお話させていただき、とっても楽しいひとときを過ごすことができました[るんるん]
妃奈子さんの明るさと優しさに、とってもほっこりと幸せな気分になります[黒ハート]


妃奈子さんの素敵な演奏を聴きに、今年は何回も長野に通うことになること決定です[わーい(嬉しい顔)][るんるん]




nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アウラ・ヴェーリス@サンヒルズ安濃ハーモニーホール♪ [アウラ・ヴェーリス]

今日は、アウラ・ヴェーリスの演奏を聴きに三重県津市に行ってきました[わーい(嬉しい顔)]

IMG_2630.JPG

会場が三重県津市にあるサンヒルズ安濃ハーモニーホールということで、愛車の1966号での出動です[るんるん]

三重県津市は、名古屋から東名阪道と伊勢自動車道を使って約1時間。途中の四日市で渋滞に巻き込まれることを想定して開場時間の2時間前に着くけるように出発[るんるん]

想定通り、途中の四日市~鈴鹿の間で自然渋滞+故障車の影響でノロノロ運転[ふらふら] おまけに天気は、[雨]

渋滞区間を過ぎると快調に走れて、12時ちょっと前に会場に到着[るんるん]

DSC_0193.JPG

生憎の[雨]で、建物の外観をゆっくり見ることはできませんでしたが、とてもおしゃれな建物です。

中庭もあり、コンサートホールの隣の建物には図書館もありました。

会場のハーモニーホールに行くと、当然ですが1番乗り[わーい(嬉しい顔)][るんるん] でも屋根はあるけど・・・なっ、なんと外待ち[ふらふら] この雨風で寒くて会場前で1時間30分も待つのがきつかったので一旦、車に戻り寒さをしのぎ、開場時間の45分前に再び会場へ[exclamation]  

会場内を覗くと高嶋社長がホールのスタッフ様とお話をされていました[わーい(嬉しい顔)] 高嶋社長が、私が外にいるのに気が付いてくれると手を振ってくれましたので、私はお辞儀でご挨拶[るんるん]

開場時間まで30分くらい前になって、ホールのスタッフ様のお気遣いで、ロビーまでは入れていただけて寒さから解放[るんるん] めちゃくちゃうれしかったです[わーい(嬉しい顔)]

ホールのスタッフ様とおしゃべりしながらだったので、開場までの残りの時間はとても早く、楽しい時間でした[わーい(嬉しい顔)]

入口の入ったところに今日贈ったお花を飾っていただけました[わーい(嬉しい顔)]

20160220サンヒルズ安濃ハーモニーホール②.jpg

赤いバラとかすみ草で可愛く作っていただきました[わーい(嬉しい顔)]

13時30分開場[るんるん]

そよちゃんの演奏とはるちゃんの演奏が一番よく見える最前列の席をゲット[るんるん]

DSC_0194.JPG 

今日のコンサートは、あのう国際文化交流センターと地元の東観中学校の文化交流事業の合同でのコンサート[るんるん] 客席の中段から上段が東観中学校の生徒さん300名が入り、ホール内はとってもにぎやか[るんるん]

せっかくの授業の一環だったら、後ろのほうでなく、よく見える前のほうを生徒さん用にすればいいのに・・・と思いました。

14時開演[黒ハート]

チェロ:林はるか

ピアノ:林そよか

今日のプログラムは、

IMG_2632.JPG 

クラシックの名曲から美空ひばりさんの曲、ジョンレノンの曲と盛りだくさん、とても素敵な音色にうっとり[黒ハート]

はるちゃんのチェロギターも見れて、そよちゃんのチェロも見れて・・・聴いていて癒され、見て楽しませてくれました[わーい(嬉しい顔)][るんるん]

アンコールでは、東観中学校の校歌をピアノとチェロで奏でるというサプライズも[exclamation×2]

とっても楽しいコンサートでした[わーい(嬉しい顔)]

終演後、授業の一環なので今日はサイン会なし[exclamation] 

でも、はるちゃんとそよちゃんが生徒さんやお客様を入口前でお見送り[るんるん]

女子生徒さんと握手したり、お話されている姿がとっても素敵でした[黒ハート]

私も、ゆっくりとお話ができてとても楽しいひとときを過ごすことができました[るんるん]

IMG_2054.jpg

今日の一番最高の笑顔[るんるん] 可愛いなぁ~[黒ハート]

一旦、お二人をお見送りして、駐車場へ[るんるん]

しばし、駐車場で待っていると、会場から出てきた、はるちゃんとそよちゃんをお見送り[るんるん]

はるちゃんとそよちゃんに1966号のお披露目もできました[わーい(嬉しい顔)]

嬉しくて嬉しくて・・・最高の1日になりました[わーい(嬉しい顔)][るんるん]


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

宮本笑里@リサイタルツアー 2015-2016 in 行徳文化ホール [笑里ちゃん]

1月最後の日曜日は、千葉県市川市の行徳文化ホールへ、宮本笑里さんの演奏を聴きにいってきました[わーい(嬉しい顔)]

IMG_2624.JPG


昨日泊まった秋葉原のホテル[るんるん]
朝もとってもいい眺め[るんるん]
窓から眼下を見ると、夜とは違うスカイツリーと新幹線の姿を見ることができました[わーい(嬉しい顔)]

DSC_0183.JPG

チェックアウトギリギリまでゆっくりして、会場の行徳文化ホールへ[るんるん]
秋葉原から日比谷線で茅場町まで行き、茅場町からは東西線で行徳へ[るんるん]
約30分で到着[exclamation]

開場時間までたっぷりと時間があったので、ひとまず会場の場所を確認するため、行徳文化ホールへ[るんるん]
2年ほど前にこのホールで笑里ちゃんのコンサートがありましたが、行けなかったのでどのようなホールかとても楽しみでした[わーい(嬉しい顔)]
DSC_0185.JPG
ちょうど建物前に着いたところで、入口から出てこられた笑里ちゃんのマネージャー様とバッタリ[exclamation×2]
今年最初のご挨拶をさせていただきました[わーい(嬉しい顔)]

開場時間まで、まだまだ時間があるので、一旦会場を後にして軽く昼食をとったり、
DSC_0186.JPG
少し戻って地下鉄博物館に行ったりして時間を潰し、13時30分に再び会場へ[るんるん]


14時30分開場[るんるん]
IMG_2626.JPG

入場して2階にあるホールへ階段を上がり、サイン会様のCDを購入してホールの中へ[るんるん]

DSC_0190.JPG

今日は、ホールで直接購入しなかったので、席は4列目[exclamation]
席が5列目までフラットだったので、ちょっと気になりましたが、座ってみるとステージの高さもあり、笑里ちゃんがよく見えるセンターやや右寄りの席でした[わーい(嬉しい顔)]


15時開演[るんるん]

ヴァイオリン:宮本笑里[ぴかぴか(新しい)]
ピアノ:加藤昌則
チェロ:金子鈴太郎
笑里ちゃんが第1部は、青空のような真っ青のショートのドレス、第2部は、純白のロングドレスで登場[黒ハート]
あまりにも綺麗で、可愛くて、見惚れてしまいました[ハートたち(複数ハート)]

今日のプログラムは、

IMG_2627.JPG
IMG_2628.JPG

昨年聴かせていただいたプログラムと同じですが、昌則様と鈴太郎様による仕掛けがどんなものなのか、毎回コンサートに行くたびにパワーアップしているので、今日も演奏前からとっても楽しみです[わーい(嬉しい顔)][るんるん]

「SORA」から始まる笑里ちゃんの素敵な音色に癒され、何度聴いても本当に素敵な演奏[ぴかぴか(新しい)]
曲が進むにつれ、どんどん笑里ワールドに引き込まれてしまいます[黒ハート]
今日は、曲ごとに照明の色が変わる演出も[exclamation×2] 
笑里ちゃんのコンサートで、照明が入ることは珍しいです[exclamation]
「星に願いを」の時には、星空の照明が[exclamation×2] とっても綺麗でした[るんるん]

今日の演奏で1番ビックリしたのは、「アヴェ・マリア」[どんっ(衝撃)]
笑里ちゃんは、プログラム通りのカッチーニの「アヴェ・マリア」を演奏しようとしていましたが、昌則様と鈴太郎様は、グノーの「アヴェ・マリア」を演奏しだし、予定外のことに笑里ちゃんは困惑[exclamation×2] 二人の楽譜を見て、違うことを指摘するも、昌則様も鈴太郎様もカッチーニの「アヴェ・マリア」に戻す気なし[exclamation]
笑里ちゃんは、カッチーニの「アヴェ・マリア」を演奏し、昌則様は、グノーの「アヴェ・マリア」からいつの間にかシューベルトの「アヴェ・マリア」を演奏しだし、鈴太郎様をも困惑させてました[どんっ(衝撃)] 3つの「アヴェ・マリア」が同時に奏でられる今まで聴いたことのない「アヴェ・マリア」を聴くことができました[るんるん]  面白かった〜[わーい(嬉しい顔)]
演奏が終わってから、昌則様がグノーの「アヴェ・マリア」を演奏したことを解説[るんるん] もっと面白かったのが、鈴太郎様から昌則様が途中からシューベルトの「アヴェ・マリア」を演奏しだしたことは、予定になく、本番でのアドリブだったことを教えてくれました[わーい(嬉しい顔)] 昌則様のヒラメキ凄すぎ[exclamation×2]


今日は、トークコーナーも過去最高に面白かったです[るんるん]

 第1部から今日は昌則様がマイクを持って、笑里ちゃん、昌則様、鈴太郎様のステージ上でのゴニョゴニョ話を解説
それは、笑里ちゃんが次に演奏を弾く曲の紹介で、「カノン」と言った時に、昌則様が「プリンター、プリンター」と笑里ちゃんに声を掛けて、笑里ちゃんを笑わかそうとしたのがきっかけ[るんるん]

「カノン」をアルファベットで書くと「CANON」と私の愛用のカメラやプリンターなどを製造しているメーカーと同じつづりになるので、このトリオの中では、「カノン」を「プリンター」と呼んでいると教えてくれました[わーい(嬉しい顔)]
更にそれももう飽きたので、某ライバル会社の名前で今は呼んでいると、ほんとか嘘か分からないような笑いを入れてトークも昌則様は、第1部から全開モード[るんるん]

そして、笑里ちゃんが、これ気になるので聞いときましょうと、鈴太郎様の譜面台のものを指さしました[exclamation]  笑里ちゃんと昌則様の楽譜はいつものように紙でしたが、鈴太郎様だけ、最新のiPadを使用して、譜めくりも、足で踏むパットでめくられてました[るんるん]
鈴太郎様が、何十冊もある楽譜を持ち運ぶのに大変だったが、これ1台で済むからとっても便利と力説[exclamation×2] 笑里ちゃんの譜面台を見て、「楽譜がいっぱいだね」と鈴太郎様の挑発[exclamation×2]
笑里ちゃんが、「私もいつかこのようなハイテク機器を使いこなせるようになりたい」と言いつつも、「やっ ぱり楽譜に書いたり消したりするのが1番いいと思います」と最後はこれまでの自分のスタイルを貫き通す 芯の強さを見せてくれました[パンチ][わーい(嬉しい顔)]

アンコール前恒例の昌則様による今回のツアーグッズ紹介[るんるん]
ずっとテレビショッピング形式で紹介してましたが、昌則様がもう飽きたご様子[わーい(嬉しい顔)]

そこでグッズ紹介の前に、笑里ちゃんのお子さまのお話が「Birth」の曲紹介で出たので、昌則様がそろそろ言葉を話し始めたお子さまに、そろそろ昔話もお話してあげないとと、昌則様がとっても面白い昔話をしてくださいました[わーい(嬉しい顔)]

その傑作のお話は、「むかしむかし、あるところにお爺さんとお婆さんが住んでいました。お爺さんは山へ芝刈りに、お婆さんは川へ洗濯に行きました。お婆さんが川で洗濯をしていると川上からイモが流れてきました。お婆さんはちょうどお腹が空いていたので、そのイモを食べてしまいました。イモを食べたお婆さん、お腹にガスが溜まって苦しくなって、だれもいないことを確認して、プッ、プッとおならをしてしまいました。そのおならが山まで上がり、お爺さんの鼻まで届き、そのにおいにお爺さんは、臭かった(草刈った)」という内容[どんっ(衝撃)]
これには、笑里ちゃんもお客様も大爆笑[わーい(嬉しい顔)]   昌則様、どこからこんなことを思いつかれるんだろう[わーい(嬉しい顔)]

アンコールの「ひばり」の演奏後、笑里ちゃんが演奏中、ずっと昌則様の昔話が思い出されて大変だったと言っていました[わーい(嬉しい顔)]

アンコール2曲目の「チャール・ダッシュ」[るんるん]
今回もピアノは、鈴太郎様  昌則様が出てこないので笑里ちゃんと鈴太郎様とで演奏を始めると、客席の入口からハモニカで演奏しながら昌則様が登場[exclamation×2][わーい(嬉しい顔)]
これにも笑里ちゃんは、大ウケ[るんるん]   客席の通路をハモニカで演奏するだけでなく、今回はカスタネットも使って更に場内を盛り上げてくれました[わーい(嬉しい顔)] これも昌則様のアドリブなのかなぁ~?[わーい(嬉しい顔)]

昌則様のサービス精神の凄さにもう感動しっぱなしです[exclamation×2]
鈴太郎様の口笛も聴けて、もうお腹いっぱいの楽しいコンサートでした[わーい(嬉しい顔)]

終演後は、お楽しみのサイン会[るんるん]
今日は、帰りの新幹線の都合もあり、早々にサイン会の列に並びました[るんるん] 今日もお客様の3分の2は並んでいるのではと思われるくらいの大勢のお客様が並ばれていました。
サイン会が始まるのを待っていると、後ろから笑里ちゃんとマネージャー様が2階からの階段を降りてこられました[わーい(嬉しい顔)] 笑里ちゃんの冬の定番、肩に羽織っているモコモコが可愛い[黒ハート]
私の番になり、笑里ちゃんに「今年もよろしくお願いします」と伝えると、笑顔で「こちらこそ宜しくお願いします」と返してくれました[黒ハート] そのお言葉をいただけただけで、もうメロメロ[黒ハート] 嬉しい~[わーい(嬉しい顔)]
お見送りをしたかったのですが、タイムリミットで笑里さんをお見送りできず[ふらふら]
本当に楽しすぎるコンサートでした[わーい(嬉しい顔)]

 

nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感